“年収は自分で決めろ”

こんにちは、中村です。

2018年も残り2週間を切りました。

毎年この時期になると
僕ら個人事業をやってる人達は

税金のことや、確定申告の準備などで
生きた心地のしない期間が始まります。

ということで
2018年最後に「おかね」について
書きたいと思います。

僕は小さいときから貧乏だったため
お金に対する執着心が人より強いです。

なぜなら

『貧乏の辛さ、お金のない苦しさ』を
知っているからです。

お金がないというのは本当につらいです。

まず自由がありません。

働かなきゃいけないし
遊びに行く時間もお金も無いし
欲しい物も買うことが出来ません。

家賃を滞納すると
大家さんは毎日ピンポンしてきます。

借金があれば
奴隷のように働けと言われます。

そんな状態の親を
僕は小さいころから見ていて
貧乏ってホント地獄と思っていました。

【稼いでも地獄】

絶対金持ちになってやる!

と野心を抱いていた僕は

お金を稼ぐために

水商売をしたり
ビジネスをしてみたり
投資をしてみたりと

色んな事をやってきました。

そこで気付いたことがあります。

『稼いだだけじゃ意味がない』

お金を単発で稼ぐことは
ある意味、誰にでも可能性があります。

仮想通貨が良い例ですが

全くお金とは無縁のニートみたいな人が
資産”億”を越える事も本当にありました。

しかし、仮想通貨も今年は暴落し
元に戻るどころか、負債になった人も多いのです。

僕も水商売で稼ぎ、投資で稼ぎ、ビジネスで稼ぎ

何回も単発収入で
大きなお金を手にしたことがありましたが

結果的に継続ができませんでした。

単に稼ぐだけじゃ意味がなく

長い間、継続的に稼ぐことでしか
本当の意味で自由を得ることはできないのです。

【年収をコントロールする】

長い間、継続して稼ぐことは
難しいように思えるかもしれませんが

やり方は2つほどあります。

1つは、スキルを身に着ける事。

僕の場合だとトレードのスキルがありますが

1度見につけてしまえば、
為替市場や株式市場が無くならない限り
稼ぎ続けることが出来ます。

その他にも、
マーケティングスキル、
スピーキングスキル、
ライティングスキルなど

沢山あります。

ここで勘違いしてほしくないのが
資格はスキルではないという事。

例えば、

税理士や公認会計士のような
難しい資格を取っても

結局お客さんを取らないと仕事になりません。

資格を取っただけじゃ
お金持ちにはなれませんし

今はこのような資格を持った人が
飽和している状態なので、仕事が少ないのも事実です。

なので、お金に直結するスキルを身に着けてください。

2つ目は、仕組みを作ること。

有名な「金持ち父さん、貧乏父さん」にも書いてありますが

お金を生み出す仕組みを持つことで

あなたがハワイで
ココナッツミルクを飲みながら
極上のオイルマッサージを受けている時でも

勝手にお金を生み出すことが出来ます。

具体的にその仕組みとは

会社を作って
人を雇い、自分の代わりに働いて貰ったり

株式や不動産等の金融商品の配当や利回りで
利益を上げたりと、様々あります。

この仕組みを作ることが出来れば
あなたは自分で年収をコントロールすることが可能になります。

来年は、
お金を稼ぐことをゴールにするのではなく

『年収がコントロールできる』ことを
ゴールにして、行動してみて下さい。

2019年、あなたが幸せな年になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です