テッパンの形!いつの世も、同じチャート

おはようございます、中村です。

まず、北海道の地震で被災に合われている方、どうかご無事で居てください。

北海道に行くのが楽しみで仕事してるくらい
僕は北海道が好きで、友人や先輩も沢山いるので、なお心配。

大阪では台風、北海道では大地震、次は、、、東京なのか?

こういう時に備えて、レスキューバックくらいは買っておきましょう。

僕もこの前買ったんですけど、二か月待ちとかだったんでお早めに。

では、為替の説明に行きたいと思います。

今回エントリーしたのはドル円。
実際ドル円が1番分かりやすい、クセのない動きをするんですよね。

まだ利益が出てなかったり、初心者の人はドル円をやると良いですよ(^^;

僕が注目したのは1時間足の安値の切り下げ。

↓↓↓

これ、良くあるパターンなんですけど
トレンドが変わる前に安値とか高値を1回割ってから
戻ってきて急落、急騰ってするんですよね。

例といて、アベノミクス崩壊の時のドル円。

これはドル円の日足ですが
チャイナショックでしっかり安値を切り下げてから
本格的な暴落を起こしています。

今日のエントリーと似てますよね。

いつの世も、

全く同じチャートは出てきませんが
どことなく似てるチャートは何回も繰り返しで出てきます。

今回の場合は
もちろん上位足の環境認識が重要ですが
4時間足のトレンドは大きく上昇してる場面
ではなかったので、1時間の反転は狙いやすかったです。

ちなみに、水色で囲ってあるところがゾーン。
ここに戻ってくると反転しますよーって場所です。

そのゾーンまで戻ってきてぴったり反応してますね。

僕が入ったのは遅れて入ってます、、
寝てたんです。笑

CISさんとかその他のカリスマトレーダーって
寝ないでトレードしてる人が多い気がするんですけど

僕は無理です。。

YouTubeにも動画解説アップロードしたので
良かったら見ていってください(;・∀・)

2018 09 06 ドル円 ゾーンからのダブルトップで下げ

では、今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です