稼いだ金は死ぬほど使え!

こんにちは、中村です。

お金持ちになりたかったら
お金を貯金することが大事!

とにかく銀行口座の残高を増やすんだ!

と思ってる人が多いですが
これは大きな間違えです。

成功者になりたければ
お金を沢山使わなければなりません。

ただし、重要なのはその使い方。

アメリカには
『アメリカンドリーム』という言葉がありますが
アメリカンドリームの本質としては

「どれだけ金を稼いだか」ではなく
「どれだけ評価される使い方をしたか」にあります。

昔から寄付文化のあるアメリカは
お金持ちになったら

自分のお世話になった高校や大学
慈善団体や修道院などに寄付をします。

ナイキ創業者で会長のフィル・ナイトは
4億ドル(約400億円)を出身校のスタンフォード大学に寄付したり

フェイスブックのCEOマークザッカーバーグや
マイクロソフトのビルゲイツも
何兆というお金を寄付したりしています。

もちろん税金対策で寄付している
というのもあると思いますが

「どれだけ上手にお金を使うか」
「どれだけ評価される使い方をしたか」

という面でいうと、

自分の名前も残るし、人も喜ぶし、税金も優遇される。

寄付というのは
最強のお金の使い方なんじゃないかなっと
僕は思います。

『いやいや、こんな大金持ち達の話は自分には関係ない』

と思ってる人もいるでしょうが、
規模がデカいだけで全然関係あります。

お金持ちになりたかったら
「お金を上手に使う」必要があります。

自分で稼いだお金や利益をタダ貯めるのではなくて
それを資産性のあるものに変えてみたり

良い人脈を増やす為に使ったり
質の良い情報を得るために使ったりと

お金を上手に使うことによって
それを何倍もの価値にすることも可能です。

もちろん無駄使いは最悪です。

お金が多い少ないに関わらず、まずはそれを

どう使ったら価値が増えるのか?
どう使ったら上手な使い方なのか?

を考えてみてください。

きっと今より人生が豊かになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です