ミキティ、いかりや長介がチャンスの神様だった!?

ミキティ(アイドルの藤本美貴さん)、いかりや長介さんがチャンスの神様だった!?

と聞くと驚く人も多いでしょう。

自分には何の関係がなくても人によっては
その人物が大きなチャンスをもたらしてくれることがあります。

「チャンスの神様は前髪しかない」とは、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは、「好機が訪れた時にすぐに捉えないと後から捉えることはできない」という意味としてよく使われます。

ここでは、ミキティといかりや長介さんがなぜチャンスの神様だったのかを説明しながら、
成功するためのチャンスとは何かについて考えていきたいと思います。

人によって成し遂げたいことはさまざまで
それはある人にとっては幸せな結婚生活であり
ある人にとってはスターになることであったりするのかも知れません。

~渋谷交差点で結婚相手と持ちネタつかむ~

芸人の庄司智春さんといえば「ミキティー!!」がお決まりの台詞になってしまいましたが、

その出会いは、
庄司さんが藤本美貴さんに渋谷で声をかけたことがきっかけだったことはご存じの方も多いと思います。

渋谷のスクランブル交差点でたまたま藤本さんを見かけ、
一緒にいたロンドンブーツ1号2号の田村淳さんに「追いかけろ」と言われて
ダッシュで追いかけ連絡先を交換したそうですが、当初は振られ続けていたそうです。

何度振られても諦めずにアタックを繰り返し、
最終的には結婚に至るわけですが、渋谷で見かけた時に追いかけていなかったら、
幸せな結婚生活も「ミキティー!!」もなかったわけで、庄司さんにとってはミキティが自分の夢を実現するためのチャンスの神様だったといえます。

 

~いかりや宅から始まった!志村けんお笑い人生~

またまた芸能界の話になりますが、
現在でもテレビで冠番組を多く持つなど活躍を続ける志村けんさんも例外ではありません。

高校生の時にザ・ドリフターズの付き人になった志村さんは、
付き人になるために雪の降る凍えるような日に、当時のリーダー・いかりや長介さんの自宅前で
半日以上も帰宅を待っていたそうです。

その姿勢に胸を打たれたいかりやさんは志村さんを付き人に迎え、
そこから芸能生活のスタートを切るわけですが、この時にいかりやさんという
神様の前髪をつかめていなかったら、その後の活躍はなかったかも知れません。

プライベートや仕事において、ある人や物事との出会いで人生が劇的に変わることがあります。

それが、同姓や異性のパートナー、師匠、クライアント、時には一冊の本や情報であるかも知れません。

成功のために大切なことは、
チャンスの神様に出会ったら前髪をつかみ、
何があっても離さないことでしょう。

幸いなことにこのブログを読んでくれているみなさんは今まさにこの瞬間、
チャンスをつかんでいるのではないでしょうか。

決して離さないでくださいね。

 

images-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です