肝が据わってない

 

 

「金がなくて死にそう。金を貸して欲しい」

最近になってよく言われるようになりました。

ぶっちゃけお金を貸して
戻ってくることは無いと考えているので
どんだけお金があっても基本的には貸しません。

そして金を貸して欲しい
という奴には、大体こう返します。

「お金がないのはお前が悪い」

僕にもお金がない時期はありましたし
すごく辛かったのを覚えています。

「じゃあなんで貸してあげないんですか。鬼畜ですか中村さん」

こう思った方もいるかもしれません。

ですが『お金がない』という現象は

今まで生きてきた自分の思考、行動、習慣が
悪かったからお金がないのであって
最終的な原因は、あくまでも自分にあるのです。

例えば僕からお金を借りたとしても
その人の思考、行動、習慣が変わらなければ
間違いなくまたお金に困ります。

つまり、物事には根本的な原因があり
その原因を解決しなければ、また同じ状態に陥ります。

そして、この根本的な原因を解決できるのは
自分が『大ピンチ』の時しかないと思っています。

【ピンチは最大のチャンス】

とはよく言ったもので
ピンチの時には今までに無かった思考になり
更に新しい行動を取ろうとします。

まあ、
今までになかった行動を取らざるを負えない
と言った方が適切かもしれませんが、

結果的にそれが
新しいアイデアや成果を生み出し
今までよりも数段レベルアップ出来るというわけです。

なので「お金がない」という状態も
裏を返せば『ビッグチャンス』であるのです。

自分を変えれる最大のチャンスなんです。

肝を据えて新しい事を始めて見ればいいんです。

「お金がないのはあいつのせいだ」とか
「会社がどうだ」とか
「親がどうだ」とか

こういうことを言っていてはダメです。

追い込まれている時にこそ
人間は超クリエイティブになれます。

今ピンチの人は、

自分がなぜピンチに陥っているのか?
またこれを打開できる方法は何があるのか?

肝を据えて行動してみてください。

IMG_3366

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です